Posted by at

2009年09月28日

映像のゆくえ

ハリウッドのシナリオの渇望とアマチュア映像が浸透することへの映像離れが、高画質、高音質以外での表現提案を加速させます。

日本でも3D映画がいよいよ公開され始め、テーマパークでは、体感型の映像コンテンツの導入が進み、CGを【触って】感触を指先で味わえる、『触力覚ディスプレイ』の開発など、見るだけ以外の映像提案があちこちで見られます。

一方で、動画共有サイトを使わないともったいないとばかりに、あれもこれもと、とりあえずの投稿で、ユーザーの読解力は大衆化され、何が価値のある映像かが分からない人間が増えてきています。

先日、映画のメッセージが何か分からなかったという話を聞きました。良く聞けば、見たままの表現しか理解できずに、それ以外を難しいという一言で済ませていました。

文学作品が前後の文脈で、物事の背景を理解し、道筋を論理的に理解するように
映像もダイヤローグの間や音楽、ショットの連続性などから、同様のものを理解します。

以前もお伝えしたように、映像は、画、文字、音を使った総合芸術です。

そのため、表現も多岐にわたるため、難しいとか、面白くないということが起こります。

それだけ、映像制作は、「ソフト」的な側面がたぶんにあるのです。
そのため、作業は、精神作業になることも多く、お客様といいあいになっても、ベストだと思う手法を提案し続けます。第三者からみれば、ただのトラブルメーカーでしょう。

それでもなお、映像の提案をするのは、お客様のリクエストに答える最も最適な手法が映像であることが少なくないからです。

コストやリスクなどを考えると決して効率的ではないかもしれません。
しかし、工数や段取りなどを度外視してでも、お客様にご納得いただける制作を目指しています。

そうすることが、映像の新しいゆくえを切り開くと考えています。


  


Posted by KNブログ at 18:07Comments(0)

2009年09月14日

空間の共有

気になるセミナーやイベントに参加できなかった時は、どんな内容で、どんな雰囲気のものだったのか?非常に気になるものです。後日、文面を読んだり、人から聞くことで内容を把握することができますが、実際の参加者の発言や様子、会場の雰囲気を知ることは難しいことが多いです。

そこで、もっとも効果的なもの、それが映像になります。その会場の様子はもちろん、参加者の表情とその発言によって、自分にとって参加すべきものだったかどうかが判断できます。

その判断を多くの方にしてもらいたいということで、今回も、参加者のインタビューをページに埋め込み、セミナーの報告をしています。今回の報告は、第3回サマーCANPASS→スクールです。
http://ameblo.jp/canpass/archive1-200909.html

映像の品質は良くないですが、その分簡単で、即時性のある情報発信が可能です。  


Posted by KNブログ at 16:32Comments(2)

2009年09月07日

どんなジャンルでも感性は必要

実写にしろ、CGにしろ、どんなジャンルにしても感性を持っていなければ、映像を作りあげることは難しいです。しかし、その感性がどんなにあったとしても、感性だけでは、やはり作ることは困難です。どのジャンであっても、その世界の映像の原則というものが存在します。その原則に従って、画の構成をしなければ、いけません。

今回、実写よりもCGを使ったほうが理解しやすいということで、3DCGを使った演出で、VPを構成しました。CGを使う場合は、カメラワークやサイズなど実写では無理な構成で、理解を深めることができます。そのシーンをどう表現するのか?ということで、今回は多くのコンテを描きました。コンテは、書く、描く、わる、など言い方が決まっていないようですが、それは、コンテそのものがあいまいな存在なのかもしれません。

事実、コンテは、非常に汚いスケッチでも、わかり難い画でも、横に書く説明や相対での説明で理解してもらえれば画つくりは成功します。

そんなことを繰り返して、制作したVPが先ほどできました。
それがこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=T5LW-xepUtY

ナレッジネットワークでは、CGを使った映像制作の提案も行っています。
  


Posted by KNブログ at 17:58Comments(0)

2009年08月31日

化粧と背景

撮影では、そのままを映し出す撮影とある意図を持って演出された撮影がありますが、今回はとても効果的な「老いていく」シーンを見ましたので、それを書きます。

「老いていく」ことを表現するために、年配の話し方、動作など役者にゆだねることも多いですが、それをさらに効果的に見せるために、背景にグリーンの照明をいれたり、化粧を使って顔色を悪くしたりして、伝わりやすい表現にしていきます。

先日、音楽の無いオフラインでお客様と打合せをしたところ、イメージができないということで、音楽の説明をしました。
説明後、またイメージが変わったとのことで、ご理解いただきました。

音楽の無い状態での確認は、ほとんどの場合よく分からないということで、説明をすることが多いのですが、だからといって完成版を作った後で、試写をすれば、その後の手直しが膨大となり、経済的ではありません。

早く確認してもらいたい、でも早すぎてはご理解いただけないというジレンマをどこで解消するか、いつも悩んでいます。  


Posted by KNブログ at 09:57Comments(0)

2009年08月18日

サマーCANPASS→

ユーチューブで見る学生の気持ち。

今回、サマーCANPASS→、「就職活動で成長する秘訣! ~就活成功はじめの1歩」と題して、
就職活動を今から始める学生へ向けてセミナーが開催されました。

こんなに、早い時期に参加する学生とは、どんな人物なのか?
今の環境の中で、どのような活動をしようと思っているのか?
非常に気になるところです。

そんな気持ちにこたえる映像があります。
セミナー後に、感想を述べてもらいました。
その貴重な映像は、下記をクリックすることで、参照できます。

090817サマーCANPASS 参加者インタビューVol.1
http://www.youtube.com/watch?v=TeqeGKZfkWs
090817サマーCANPASS 参加者インタビューVol.2
http://www.youtube.com/watch?v=zlniU1Ct5Dw
090817サマーCANPASS 参加者インタビューVol.3
http://www.youtube.com/watch?v=wVr6nCeUbng
090817サマーCANPASS 参加者インタビューVol.4
http://www.youtube.com/watch?v=c_avOkn8CD4
090817サマーCANPASS 参加者インタビューVol.5
http://www.youtube.com/watch?v=ng_t-uYHKbY


自分が学生のとき、どんな考えを持っていたのか?思い出すと恥ずかしくなるばかりです・・。
  


Posted by KNブログ at 12:38Comments(0)

2009年08月10日

小さく大きく

「セールスチューブ」

当社で新しいサービスを始めました。
手軽な動画で表現することで、もっと分かりやすく、もっと親近感を!というサービスです。
http://www.tisiki.net/development/movie/movie_wancame.html

イラストや写真を使ってブログやホームページを表現することは、当たり前のような手法になりましたが、
皆さんの表現への研究や追求はすさまじく、動画を使ったものも少なくありません。

文章で伝えるより、動画のほうが、分かりやすく誤解が無い、イラストや写真を使うよりも動画で360度見せたほうがはやい、動画の手法を使ってみたい、写ってみたいなど、そんなリクエストにぴったりなサービスです。
http://www.tisiki.net/development/movie/movie_wancame.html
  


Posted by KNブログ at 10:31Comments(0)

2009年08月03日

映像でアーカイブ

当社では、公開セミナーで皆さんに情報を提供させていただくことが多いのですが、その様子を、アンケート集計結果や、営業訪問とは別に、もっと広く皆様にお伝えしたい!ということで、動画共有サイトを利用して、動画を公開しています。
この動画は、なるべくセミナーの核心部分を撮影するように行い、短い映像に小分けしています。

そのような形で、公開している前回のセミナーは、こちら。
http://www.youtube.com/watch?v=CI8ejevCLcA

前回に引き続き、8月25日も人材採用に関するセミナーを開催する予定です。
詳細は、こちら。
http://www.tisiki.net/consulting/recruit/200908seminar.html

人事採用ご担当者様には、ぜひとも参加していただきたいセミナーです。
費用は、もちろん無料。

しかし、当日ご参加いただけない方でも、一部の内容を動画にて公開を予定しています。

前回の動画公開は、セミナー終了当日に行い、スピーディーな公開を行いました。
8月25日の分も同様にして、できる限り早い公開をしようと計画中です。

当日ご参加いただける方、ビデオで様子を確認したい方、
どなたも、ぜひ当社のセミナーに触れていただきたいと思っております。
  


Posted by KNブログ at 18:57Comments(0)

2009年07月27日

手軽な動画

ユーチューブが普及することで、小型のビデオカメラもそれを意識した品揃えになっているように感じます。
片手で持つもの、また、基本のフォーマットに、動画配信を手軽にできるように配慮したものなど、様々です。

当社では、下記のサイトで、ブログに動画コンテンツを追加しています。
▽福岡よかもん市場活性化プロジェクトブログ:
http://yokamon.yoka-yoka.jp/

これは、
お客様とのコミュニケーション、
生産者の思い、
商品の現実性と利便性、
を伝えるものとして、活用しています。

ブログというメディアなのですから、コミュニケーションや思いや考えを伝えるというのは、当然ですが、
それが、映像になることで、親近感や感情移入しやすくなったりします。

皆さんは、芸能人の方と一度も会ったこともないのに、テレビを見ているだけで、ファンになったり、友達になったような気分になることはありませんか?

これこそが、映像の力だといえます。
文字情報だけでは、親近感を持つことは、容易なことではありませんが、
映像は、空間を把握することで、時間や場所を共有したような錯覚を覚え、主観的に理解することができるようになります。

そのため、商品の現実性というものも、写真よりも動画のほうが、実物大の商品と向き合った感覚を持ち、その利便性なども理解しやすくなるのです。

上記で紹介した
▽福岡よかもん市場活性化プロジェクトブログ:
http://yokamon.yoka-yoka.jp/

は、当社の若手が撮影に臨み、コミュニケーションを深めています。  


Posted by KNブログ at 17:54Comments(0)

2009年07月22日

皆既日食という変化日

こんにちは。今日は、皆既日食の日というこで、私も客先に行く途中で、町中の人たちが、太陽に向かって写メールをしている姿をたくさん見ました。日本国内で、観測できるのは、46年ぶりとかで、大変めずらしい1日のようです。

この皆既日食とは、太陽と月と地球が一直線に並び、地球から見た太陽が、月の背後に隠れるという現象のことだそうです。
今回は、午前中の11時ころが見ごろということでしたが、この数値を割り出すためには、過去の観測データや理論データなどを精査して出されています。

論理的に考えなければ、とても答えることができないなぁ~と、とても感心してしまいます。

私もそんな論理的、かつ長期的な戦略を立てることができれば、仕事を早く終わらせ、皆既日食もゆっくり見れるのになぁ~、と思ったりします。

そんな講座が、弊社が行っているスクール、「BPS」で行われています。
そのタイトルは、「あなたの仕事力を10倍高める思考術“戦略”とは何か?」。

とっても簡単にご紹介すると、「戦略とは何か?」という講座になります。

詳細はこちら、

仕事を早く終わらせたい、皆既日食を見たいという方は、ぜひご一読ください。
BPS:
http://www.seminar-info.net/index.html

  


Posted by KNブログ at 16:09Comments(0)

2009年07月13日

制作スタンス

こんにちは。ナレッジネットワークの尾本です。

前回までは、バイラルを考えるということで、日々の情報についてお話しましたが、これ以降は、当社の制作スタンスについてお話したいと思います。

▽SDが中心
当社では、SDを使ったコンテンツをwebを絡めて展開するというところに重きを置いています。そのため、HD仕様の制作よりも、SD制作での情報提供が多いです。web動画やパッケージ展開など、2次利用を効率よくするためにも、そうしています。
しかし、一方で、webでのコーデックでは、あまり下位のフォーマットを気にするよりも、データを気軽に見れるよう、一定の新しいフォーマットを使用することにしています。ときには、最新のコーデックでの提供もあります。そのほうが、ファイルサイズも小さくなる事が多いことから、ブロードバンドとはいえ、扱いやすいファイル制作を心掛けています。

次回も、こういった制作スタンスについてお伝えできればと考えています。  


Posted by KNブログ at 21:24Comments(0)

2009年07月06日

3D制作本格化

先日の新聞の記事で、ソニーとパナソニックが、3D映像制作を拡大させるというものがありました。映画館にどれだけ足を運んでもらえるかということで、3D映画の開発が進められていました。
それが、いよいよ日本でも本格化するようです。

映像制作の予算は、削減傾向が続く中で、HDという膨大な情報量を生む為に、多くの機材投入と益々の人手不足となっています。そんな中でも、新しい規格の普及とそこにあるビジネスをリードする為に、日本のメーカーも動きだしています。

時代と共に変化するメディアも、後2年後には、3D映画が当たり前になり、みんなが映画館で、メガネをかけて映画鑑賞しているのかもしれません。追い続けていた技術が日の目を見るのは、同じ制作者としてとても嬉しく思います。
我々もHD制作の新しい試みをしようとしています。  


Posted by KNブログ at 12:37Comments(0)

2009年06月22日

番組の共有化

先日、全く同じテーマ、同じタレントを使った、タイトル違いの番組を見ました。
画質が違うという事で、地上波用と、ハイビジョン用の番組に時間差で放映されていました。

BSやCS、ハイビジョンでは、クライアントはまだ多くなく、制作費が集まらない場合が多いです。そこで、ハイビジョン独自の放映というものでも、時間が過ぎれば、地上波となります。
それが、最近では、地上波で流し、その後にハイビジョンでも別の番組タイトルとして放送しています。
多チャンネル化によって、ユーザーの選択は広がりましたが、その反面、番組単位での制作費は分散される為、番組の質が下がったり、2次利用的な番組となってしまいがちです。

年々情報の流通量は増えているといいますが、無駄に流している情報も多く、整理して欲しいと思うこともしばしばです。
放送もインターネットの勢いにおされているのか、何でもアリの傾向が出てきているように感じます。

自分で価格破壊をしたせいで、業界全体の縮小を招く現象のように、先日も囚人のジレンマだなと感じたお話がありました。
多くの人が参加して、一般的になる事は、大変素晴らしい事だと思いますが、大衆化しすぎると、その業界のこだわりや技術がそこなわれていくようにも感じます。  


Posted by KNブログ at 18:09Comments(0)

2009年06月15日

映像提案する時

お客様に映像の提案をする時、ほとんどの方が映像制作について知らないことが多いので、制作の流れと一緒に企画や構成のお話をします。

企画や制作の流れについて理解していただくことはもちろん重要な事なのですが、これよりも重要な事があります。
それは、キャッチボールです。

説明がとても不十分で、お客様が理解できず、質問してくる事があります。しかし、その質問とのやり取りで、ほとんどは、問題を解決できます。そのやり取りで、お客様が知りたいこと、またこちらが欲しい情報というのを引き出していけるからです。

もちろん、説明が不十分なのは、大変申し訳ないことで、伝える為に何が必要かをいつも反省しながら考えますが、この問題は、たいしたことではないのです。

それよりも、説明をする上で、お客様が全く返答していただけない時、これが最も大変な時です。伝えたい情報は、伝わらない、引き出したい情報は引き出せない。まさに踏んだり蹴ったりです。

このときは、さすがに自分の無能さを思い知らされながら、大変申し訳ない気持ちで一杯になります。
映像を制作するというスキルはあったにしても、その制作を始めるためには、やはりコミュニケーションできる力が必要となります。
この課題は、いつまでたっても解決できそうにありません。日々精進することが必要だとつくづく思います。  


Posted by KNブログ at 21:18Comments(0)

2009年06月08日

フリーソフトで広がる

フリーソフトの充実と無料のwebサービス拡大によって、仲間とのファイルの共有や情報の発信が行いやすい環境になってきました。マイクロソフトでもwindows liveというサービスで、写真や動画がますます身近になってきています。

必要な機材も安価になってきており、また初心者にやさしい機能が豊富にあるため、気軽さが増しました。
動画共有サイトでもユーザー自身が楽しんで、趣味からプロの世界に入ろうとする人も多いようです。

先日も、自分が撮影した動画を売り物にしたいという相談をうけましたが、商品としての品質チェックの話などをすると、全く売れないことが分かり、がっかりしていたようです。しかし、専門的な勉強をしてもう一度挑戦するという事でした。

はじめは、気軽に挑戦したことでも、最終的に自分のしたいこと、目指したいものができるというものは、とても応援したくなります。「動画」もこうして、皆から理解してもらえれば、制作者の人口が増え、世界が広がるなぁと感じます。
品質が悪くても、それは条件をクリアすればよいだけのこと。そこにあるアイデアは、人それぞれの個性があり大変面白いので、皆さんが作ったスライドショーや動画を見て、勉強させてもらっています。  


Posted by KNブログ at 20:28Comments(0)

2009年06月01日

OPを変える時

オープニングをタイムリリースによって、変更を加える事は、よほど長期的な番組でなければ見ることができませんが、変更されたオープニングを見ると、飽き始めていた番組冒頭を、新鮮な気持ちで迎える事ができます。

これによって、改めて、友人や知人にオープニングが変わって、さらに面白くなっているよと、勧めたくなるのです。

このオープニングが変更されるタイミングは、主人公の劇的な運命の転換期や、または成長に伴って変更されます。
また、一度の変更で終わらず、主人公の晩年にむけて、もう一度オープニングを変えるものもあります。そこまで、できれば、制作者冥利に尽きますが、よほどの大プロジェクトでなければ、お目にかかれません。

しかし、オープニングの変更を加えてまで、視聴者を獲得しようとする熱意は、番組の内容にも反映され、よい結果が生まれる事が多いのではと思います。  


Posted by KNブログ at 19:22Comments(0)

2009年05月25日

選曲に困った時に。

今回、自社説明会で流すBGMを何にするか?と担当者と話しながら、なかなか選曲できずにいました。
そこで、SD法を使って、イメージとなるキーワードを絞り込んでいきました。SD法とは、大きい・小さいなどの反対の意味をもつ形容詞に対して、どちら側なのか?その反対語をいくつか用意して、イメージを膨らませる方法です。

今回は、「軽い」、「派手」、「男性的」、「柔らかい」、「大人っぽい」が選択され、それを元に音楽のジャンルを探しました。
音楽は、個人の印象が色濃く出る為、イメージが違うということになりがちですが、反対語の選択をする事で、消去法が働きます。結果、一応の音楽のジャンルを探し当てることができるのです。

きちんと選曲できる方がいる場合は、お任せしても、素晴らしいBGMが披露されますが、お互いのイメージが曖昧で、困り果てた時に、周りと自分を納得させる為に非常に有効です。

音楽への探求は、いつまでたっても終わりませんが、やはり選曲には、毎回悩まされます。  


Posted by KNブログ at 19:09Comments(0)

2009年05月18日

ウソかホントウか?

NHKの大河ドラマ「天地人」が、分かりやすいと若年層の視聴者を増やしています。
これは、最近の歴史ブームや武将ブームもありますが、情報を全て伝える事に拘らず、何を伝えたいかを中心に簡略化して、人気を高めてきています。

キャスティングでは、演技派ではなくても、フレッシュさを重要視して、若い人に馴染みのある顔ぶれを揃えたり、歴史的な細かい背景も省略する事で、シンプルな作りに徹底。それが、敷居の低さを実現しています。

ここから先は、本から得た情報なのですが、合戦の前の会議などでは、家老だけでなく、かなり多くの武将達が参加しているものが、正しい形なのですが、それを視聴者に見せても、情報が多すぎて、そのシーンが何を伝えたいか理解できなくなったりします。

そこで、わずかな人数で、その会議が成立するような演出に形を変えて、情報を伝えます。これは、その道の専門家から見れば、指摘したい事だらけなのでしょうが、正しい形で再現する事だけに拘っては、そのシーンを作る意味合いが異なってきます。

テレビでは、ドラマであれ、ドキュメンタリーであれ、最も伝わる手法は何か?そして、何を伝えたいか?を中心に考えた時、ウソもホントウも情報の一つでしかありません。

歴史ものやテレビショッピングものは、「そうだったのか!」と鵜呑みにしがちですが、分かりやすくするために情報が加工されていることの方が多いので、全てがホントウだと理解してしまうと、情報を間違って認識してしまいます。

面白くする為に、演出があるということを認識して、ウソもホントウも半分ずつだと情報を見てもらえると、楽しみ方が広がるのではと思います。  


Posted by KNブログ at 21:32Comments(0)

2009年05月11日

オープンスクリーンプロジェクト

こんにちは、尾本です。

FlashPlayerの普及とデジタルビデオの発展によって、ビデオフォーマットや、デバイスを問わずに展開できる、Open Screen Projectというのが、でてきています。

これもバイラルの効果を高める一つの要素ですが、今度益々、マルチコンテンツ、マルチプレイヤーが広がる中で、映像の文法だけでなく、新しいテクノロジーも理解して、制作に取り組まなければいけません。

デザインとプログラムの境目が曖昧になるつれ、web出身の映像クリエイターや映像出身のwebクリエイターが増えてきています。どちらも既存の経験や技術に加えて、新しいテクノロジーに対応しなければ、最適なコンテンツをユーザーに提供できなくなっています。

マルチなユーザーに満足してもらう為にも、マルチな制作能力が特に必要になってきている事を感じます。  


Posted by KNブログ at 17:17Comments(0)

2009年05月08日

約1100万円の相場

お世話になります、尾本です。

先日からライセンスのプロパティやアニメーションのグロスなどを考える機会が多くなり、そこで、アニメーションの1話(約30分)の制作費について、教えていただく事がありました。弊社では、企業様のPVを中心として制作に関わらせていただいているので、CG(3次元)を使うことがあっても、アニメーションを使う機会はそう多くありません。

映像制作では、様々な条件が複雑に絡まって、制作費が捻出されるので、平均値となるような概算値などはほとんどありません。しかし、過去のアニメーションの制作実績と、上場している会社の決算から見た場合、アニメーションは1話につき約1100万円の制作費が必要ではないかと言う事でした。

これは、あくまで参考値であり、キッズ向けアニメーションと青年向けアニメーションでは、また金額が異なってくるそうです。品質の高いアニメーションでは、1話で3000万円ほどするものもあるとか・・。

普段から映像制作に関わっている私でも、当初考えていた金額のイメージと乖離があり、はやりアニメーションは、日本が誇る[製造業]だと再認識しました。 [製造業]という表現に、違和感を感じる方もいらっしゃると思いますが、言いたいのは、手作りでしかありえない、「美」、「芸」の創造であるとお伝えしたいのです。

彼らのアニメーション技術や表現は、実写のそれと互いに影響しあって、発展してきました。

我々も彼らの魂を削って制作されたアニメーション技術を活用しながら、制作の発展に動いています。  


Posted by KNブログ at 11:12Comments(0)

2009年04月06日

バイラル効果

こんにちは、ナレッジネットワークの尾本です。
今回は、「次に何がおころうとしているのか?」を見据えたインキュベーション施設の紹介をします。
福岡ビジネス創造センター PV
http://www.fbcc.jp/center/36783.html

施設紹介のビデオを作り直す際に、今回どのようなコンタクトポイントを作るのか?というテーマがありました。そこで、「足し算的手法」に加えて、「掛け算的手法」も取り入れ、「クロス・メディア」+「コミュニケーション」による展開をスタッフの皆さんと考えて制作に取り掛かりました。

インターネットの普及によって、ユーザー自身が情報の発信源となっている今、多くの人が情報共有していくことで、大きな影響力が生まれ、オーナーとユーザーの関係は、より包括的になってきています。

この広範囲な人と人とのつながりが、口コミの力を強め、あらゆる瞬間の経験は、企業やブランドのイメージを形成します。その一方通行ではない情報の流れ、「Share」に対応し、新たなビジネスの創造の応援がしたい、それを形にしたものが今回のビデオです。

現在の経済状況の中、ビジネスの構造は、革命的に変化し、新しいビジネスの枠組みが次々に生まれます。その新しい枠組みの一つがこの「YouTube」です。
従来の概念だけでなく、新しいアプローチも模索しながら、独自性・新規性の強いベンチャー企業にとって、大変便利で、魅力的な施設でありつづけたい、スタッフの熱意がここにあります。
多くの方に、クリック(閲覧)していただければ幸いです。
http://www.fbcc.jp/center/36783.html  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)